【ブログ記事タイトル例】intitleとallintitle検索でブルーオーシャンを狙おう

Pocket

intitleとallintitleを使って、ライバルのいないキーワードを見つけよう

 

 

日々の作業やお勉強、お疲れさまです!

元社畜ゲーマー姉弟のアネオトです。

 

 

今回はアクセスアップに繋がる
キーワード選定テクニックのお話をします。

 

 

検索されやすいけどライバルの少ない
いい具合のお宝キーワードを
記事タイトルに含ませることができると
お客さんに見つけてもらいやすくなります!

 

 

 

そのキーワード選定で
「ちょうどいい!」を見つける技が
『intitle』『allintitle』の活用です!

 

 

そのやり方と手順を具体的に解説していきます。

 

 

ちょっとした裏ワザ的な話になります。

 

ぜひ活用してみてください!

 

intitle(インタイトル)とallintitle(オールインタイトル)って?

 

Google検索って実は、
特殊な検索コマンドがいろいろあるんです!

 

 

検索したいキーワードの前に入れると、
特別な条件で検索してくれるというものです。

 

 

これからお話する『intitle』『allintitle』
そんな特殊検索テクニックなのです!

 

 

 

 

intitle(インタイトル)
=タイトルにいずれかのキーワードを含む

 

 

「カフェ 東京 おすすめ」でインタイトル検索をした図

 

検索したいキーワードの前に
『intitle:』とつけて検索すると……

 

 

ページのタイトルに
ひとつでもキーワードが含まれていれば
そのページが検索結果に表示されます。

 

 

 

たとえば、画像のように
「カフェ 東京 おすすめ」で検索した場合

 

タイトルに「カフェ」が入っているページも
タイトルに「東京」が入っているページも
タイトルに「おすすめ」が入っているページも

 

すべて検索結果に表示されます。

 

 

 

icon-pencil intitleの特徴

「これらのキーワードのうち、どれかを使っている
タイトルのページはどれだけあるのか?」

が調べられる!

 

つまり、これらのキーワードがどれくらい
注目されているものなのかが読める!

 

 

 

 

allintitle(オールインタイトル)
=タイトルに全てのキーワードを含む

 

 

「カフェ 東京 おすすめ」でオールインタイトル検索をした図

 

こんどは、検索したいキーワードの前に
『allintitle:』とつけて検索すると……

 

 

ページのタイトルに
全てのキーワードが含まれている
ページだけが検索結果に出ます。

 

 

 

つまり、画像のように
「カフェ 東京 おすすめ」で検索した場合

 

 

東京駅周辺でおすすめカフェ10選!」

 

という3つのキーワード全てが含まれた
タイトルのページなら表示されるけど

 

 

東京おすすめの居酒屋」や
「渋谷でおすすめカフェ」や
東京のおいしいカフェ」なんかは

 

表示されないということですね。

 

 

 

icon-pencil allintitleの特徴

「これらのキーワード全てを使っている
タイトルのページはどれだけあるのか?」

が調べられる!

 

つまり、同じ複合キーワードを
狙っているライバル数がわかる!

 

 

 

 

intitleallintitleの特徴は
なんとなく掴めましたでしょうか?

 

 

件数は必然的に intitleallintitle となりますよね。

 

 

いずれかのキーワードを含むintitle件数が多いほど、注目度が高く、全てのキーワードを含むallintitleの件数が少ないほど、ライバルが少ない

 

 

 

ちなみにアネオトはよくやっちゃうのですが、
intitle検索でもallintitle検索でも、
「:(コロン)」をつけるのを忘れずに!(笑)

 

 

 

あと、何回かこの検索を繰り返していると、
Googleに「あなたはロボットですか?」
って聞かれることがあります(笑)

 

 

ちょっと面倒ですが、
「私はロボットではありません」に
チェックを入れてあげてください(笑)

 

 

 

それではいよいよ、
この2つを活用したキーワード選定
についてのお話に入りますね!

 

 

 

 

 

intitleとallintitleを活用したタイトルの決め方例

 

はやい話が
intitleでの件数がい~~~~っぱいあって
allintitleでの件数がわずかしかない……!

 

 

というキーワードが「お宝」です!

 

 

intitleが多ければ多いほど、かつ
allintitleが少なければ少ないほど、
ブルーオーシャンです!

 

 

 

実際に例をあげて進めてみましょうか!

 

おすすめのポケットWi-Fi『WiMAX』
についての記事を書こうとしている

 

という設定でいきますね。

 

 

 

 

 

その記事を読みたい人がどう検索するかを想定する

 

ポケットWi-Fiは、月々の支払いが
絡んでくる大事な買い物なので、
お客さんも慎重に選びますよね。

 

 

スペックや価格の比較のほか、
使ってみてどうだったのかレビュー記事
なんかはとても需要があります。

 

 

 

今回の例では
「ポケットWi-Fi『WiMAX』をおすすめする記事」
を書きたいわけだから、

 

  • 「ポケットWi-Fi おすすめ」
  • 「ポケットWi-Fi 一覧」
  • 「◯◯Wi-Fi WiMAX 比較」

 

みたいな感じかなあ……

 

 

良さそうなキーワードが見つかったら、
それに合わせて記事の内容を考えようかな。

 

 

というつもりでキーワード選定を進めていきます!

 

 

 

 

 

検索フォームで『intitle』と『allintitle』を活用

 

さて、まずは『intitle』から見ていきますよ!

 

 

ためしに「ポケットWi-Fi おすすめ」 という
キーワードでintitle検索してみましょう!

 

「ポケットWi-Fi おすすめ」でインタイトル検索をした図(17100件ヒット)

 

17,100件もあるんですね!

 

 

 

これに対して、
allintitleだとどれくらい絞れるのかな……?

 

 

allintitleに書きかえて再検索します!

 

「ポケットWi-Fi おすすめ」でオールインタイトル検索をした図(559件ヒット)

 

約559件。

 

「ポケットWi-Fi」「おすすめ」の両方ともを
タイトルに入れているページがこんなに!

 

 

 

このライバルの数は多いなあ……

 

559件の中で上位に入れるかは
ちょっとわからないですね。

 

 

もうちょいキーワードを増やして絞りましょう!

 

 

 

 

他に検索に含めそうなキーワードは何かな……?

 

 

やっぱり気になるのは値段ですかね。

 

「値段」とか「安い」といった
キーワードが良さそうかな……?

 

 

 

よーし! ちょっとでも
悩んだらキーワードツールです!(笑)

 

 

よく検索されている複合キーワードを
調べてくれるありがたいサービスなのです。

 

 

icon-lightbulb-o キーワードツール

icon-chevron-rightgoodkeyword

 

icon-hand-o-downgoodkeywordの詳しい使いかた記事

 


icon-chevron-right関連キーワード取得ツール

 

 

どちらでも使いやすい方でいいですが
goodkeywordの方が読み込みが早くて、
関連キーワード取得ツールの方が
細かく&多く取得できます。

 

 

 

実際にgoodkeywordや
関連キーワード取得ツールで
「ポケットWi-Fi おすすめ」と入力してみました。

 

 

goodkeywordツールを使って「ポケットWi-Fi おすすめ」で複合キーワードを調べた図

 

関連キーワード取得ツールを使って「ポケットWi-Fi おすすめ」で複合キーワードを調べた図

 

 

「ポケットWi-Fi おすすめ 安い
というキーワードが候補にでていますね!

 

 

「ポケットWi-Fi おすすめ 安い
で検索する人が多いということです!

 

 

 

では複合キーワードに「安い」を追加して、
もう一度allintitle検索してみましょう!

 

「ポケットWi-Fi おすすめ 安い」でオールインタイトル検索をした図(9件ヒット)

 

9件だけ!

ライバル少ない!!

 

 

 

競合相手がこれぐらいの数しかいないなら、
上位表示されやすくなりますね。

 

 

それでは、intitleでも検索してみましょう!

 

「ポケットWi-Fi おすすめ 安い」でインタイトル検索をした図(4190件ヒット)

 

約4,190件という結果になりました。

 

 

う〜ん……なかなかいいですね!

 

 

でももうちょっといけそうかな?

 

できれば5ケタ以上欲しいかな?

 

 

 

いったん切り口を変えて見てみましょう。

 

 

「おすすめ」や「安い」より
「端末名」や「比較」で攻めたらどうなるかな?

 

 

ってなわけで、『WiMAX』の比較対象として
『Yahoo! Wi-Fi』をとりあげてみようと思います(笑)

 

 

 

まずは単純に「Yahoo! Wi-Fi WiMAX」
というキーワードで調べてみましょうか!

 

intitleで検索!

 

「Yahoo! Wi-Fi WiMAX」でインタイトル検索をした図(36500件ヒット)

 

いっぱいありますねー!

 

約36,500件も検索結果が出ました。

 

 

 

さて、allintitleではどうでしょうか?

 

「Yahoo! Wi-Fi WiMAX」でオールインタイトル検索をした図(936件ヒット)

 

約936件……お、多すぎる。

 

もっと絞っていく必要がありますね。

 

 

 

先ほどあげた「比較」を含めてみますかね!

 

「Yahoo! Wi-Fi WiMAX 比較」でオールインタイトル検索をした図(25件ヒット)

 

約25件!

かなり絞れましたね!

 

 

すごい!でももしかしてさらにいけるか?!

 

めざせ1ケタ(笑)

 

 

 

 

「比較」の代わりに検索されそうなキーワードを
お客さんの視点になって考えてみます。

 

「違い」って書くかもしれませんね……

 

 

「Yahoo! Wi-Fi WiMAX 違い」で再検索してみましょう!

 

「Yahoo! Wi-Fi WiMAX 違い」でオールインタイトル検索をした図(4件ヒット)

 

allintitle 4件!

これはきてますね!

 

 

 

喜ぶのは早いかな?

intitleでも見てみましょう!

 

「Yahoo! Wi-Fi WiMAX 違い」でインタイトル検索をした図(36400件ヒット)

 

約36,400件!

 

5ケタきました!

 

 

 

ということは、
注目されているキーワードなのに
競合相手が少ない……

 

 

このキーワードをもとに
タイトルを決めて記事を書けば、
求めているお客さんに見てもらえる
可能性が非常に高くなります!

 

 

 

「Yahoo! Wi-Fi WiMAX 違い」は
ブルーオーシャンだとわかったわけです!

 

めでたしめでたし(笑)

 

 

 

ではでは、こんな感じでキーワード選定、
なかなかダルいですが試してみてくださいね!

自由化メルマガ無料講座はこちら。好きなこと×ブログ×メルマガ=自動収入!趣味ブログと秘伝の技で成功し、社畜を脱出したノウハウを全て教えます!ネットビジネス自動化のしくみ&始めかたガイドブック計3冊、200ページ以上をメルマガ限定無料プレゼント
Pocket

アネオト

元社畜デザイナーのゲーマー姉弟ふたり組です。
会社で人生に絶望……
そこからネットビジネスで生活が一転し、
今はノンストレスで好きなことをして日々すごしています。

どうやって変わったのか、詳しい経緯はこちら!

あわせて読みたい