ブログ記事タイトルのつけ方!適切な文字数とうまいキーワードの入れ方

Pocket

お客さんが検索してくれるキーワードを探そう

 

 

元社畜ゲーマー姉弟のアネオトです。

 

ブログの更新、お疲れ様でございます!

 

 

 

「どうすればもっとお客さんが記事を見つけやすくなるか?」

 

という、集客の点についてお話しします。

 

 

アクセスアップにつながる最も重要なポイントは
『記事タイトル』部分の見直しです。

 

 

icon-book 記事タイトルがなぜ大事なのか?

記事タイトルの重要性についてはこちらで解説しています。

 

 

記事を書くときの考え方がラクになるので、
キーワード選定テクニックよりも先に
「検索する・される」の仕組みについて
サクッと理解しちゃいましょう!

 

 

 

 

icon-circle検索するお客さんの心理

icon-circleアクセスが上がるキーワードの選定テク

 

を解説しますので、
これから記事タイトルを意識してみてくださいね!

 

大前提:お客さんは何を思って検索するか

 

書き手にまわると途端に
わからなくなってしまうことなのですが、

 

お客さんは求める情報を探すために検索します!

 

 

人はこういうときに検索する!

icon-search悩みを解決したい

 

icon-search●●について知りたい

 

 

逆を言うと、
「知らない人が書いたどうでもいい日記」
などは普通、検索されない……

ということになります。

 

 

つまり、記事を書くときは
たとえ趣味ブログや日記ブログであっても
お客さんにとって有益な内容に
してあげる必要があります!

 

 

 

 

自分の実体験は貴重なファクター!

 

お客さんが求めている情報として、
「評判」「口コミ」「レビュー」などは
かなり需要が高いです!

 

 

 

性能や値段などのデータは
公式ホームページにも載っているだろうし、
誰にでも書けるものですが……

 

 

あなたの体験談は、他の人には書けない
とても貴重なオリジナルものです。

 

 

「使ってみてどうだったのか?」

「この店の味や居心地はどうなのか?」

「この方法を試すとどうなるのか?」

 

 

などなど、あなたの感想や意見を
知りたがっている人は非常に多い
のです。

 

 

積極的に書いて届けてあげましょう!

 

 

 

そして記事のタイトルにも
実体験についてのキーワードが入っていると、
読みたがっている人が見つけやすくていいですね!

 

 

icon-pencil記事タイトルに体験談をいれた例

 

「Yahoo! Wi-Fiと迷ったけど使ってみてWiMAXのギガプランが最強だとわかった話」

 

「WiMAXレビュー!そこそこ満足!でも場所によっては電波が入らないので注意!」

 

 

 

 

 

タイトルの見せたい部分は32文字以内に収めよう

 

記事タイトルは、短すぎるともったいないです!

 

 

キーワードを複数詰め込めれば、
より検索にひっかかりやすくなり、
アクセスアップがのぞめます。

 

 

 

しかし逆にタイトルが長すぎると、
検索結果画面で後ろの方が省略されてしまいます。

 

 

Googleの検索結果画面では、
約32文字までが表示されるようになっているのです。

 

 

 

ちなみにこの記事のタイトルは33文字になっています。

 

『ブログ記事タイトルのつけ方!適切な文字数とうまいキーワードの入れ方』

 

 

1文字オーバーなので、実際の検索画面では

「ブログ記事タイトルのつけ方!適切な文字数とうまいキーワードの入れ…」

と、後ろが省略されているかと思います。

(環境によって少々異なります)

 

 

 

省略されても「お、この記事よさそうだな」
読者さんに通じるようなタイトルならOK!

 

 

大事なキーワードほど優先的に
先頭のほうに置けると◎です!

 

 

 

 

 

あなたが狙うべきは『複合キーワード』

 

お客さんは悩みや知りたいことが
具体的に決まっていればいるほど、
キーワードを増やして検索します。

 

 

「カフェ 東京 おすすめ」のように、
複数のキーワードを組み合わせるのです。

 

 

 

もちろん、単発のキーワードや
ありふれた(人気のある)キーワードなら、
検索される数自体はとても多いです。

 

 

しかし、そのキーワードを狙った
記事タイトルでは、お客さんに
たどり着いてもらうことは超厳しいです!

 

 

なぜなら、ライバル(競合相手)が強いから!

 

 

 

そのキーワードに特化した
大規模なサイトや企業のホームページが
検索結果の1ページ目に並んでいる……

 

 

そこに個人のブログが食い込むのは難しいです。

 

 

 

あなたが狙うべきキーワードは

「●● ●●●● ●●● ●●●●●」

こんなかんじの複合キーワードです!

 

 

 

「お客さんは悩みや知りたいことが
具体的に決まっていればいるほど、
キーワードを増やして検索する」

 

と先ほど言いましたね。

 

 

 

「カフェ 東京 おすすめ 安い 静か Wi-Fi コンセント 深夜営業」

とかね(笑)

 

 

この場合、

 

・深夜営業してて

・Wi-Fiもコンセントも使えて

・静かで安くて

・おすすめの

・東京にあるカフェ

 

を知りたい人が検索していますね。

 

 

 

つまり、そんな具体的な悩みをもった
お客さんに対応するような、
『ターゲット』を細かく絞った
内容&キーワードにすることで

 

icon-female「ちょうどそれが知りたかったの!」

 

というお客さんに喜んでもらえて、
結果的に多くの人に読まれる記事になります。

 

 

※『ターゲット』は超重要なので、
まだでしたらあわせてお読みください~!

 

 

 

 

とはいっても

「さすがにこれは誰も検索しない」

「絞ったのにまだライバルが強い」

 

 

複合キーワードの加減が難しいよ~!

 

という問題がありますね(笑)

 

 

 

そのキーワード選定で
「ちょうどいい!」を見つける技があります。

 

 

ライバルのいないブルーオーシャンかつ
みんなが注目しているキーワード。

 

 

それを調べるには、
『intitle検索』『allintitle検索』を使います。

 

 

長くなりますので、具体的な説明は
次のページをご覧ください!

 

 

 

ではでは、今回もお勉強お疲れさまでした!

自由化メルマガ無料講座はこちら。好きなこと×ブログ×メルマガ=自動収入!趣味ブログと秘伝の技で成功し、社畜を脱出したノウハウを全て教えます!ネットビジネス自動化のしくみ&始めかたガイドブック計3冊、200ページ以上をメルマガ限定無料プレゼント
Pocket

アネオト

元社畜デザイナーのゲーマー姉弟ふたり組です。
会社で人生に絶望……
そこからネットビジネスで生活が一転し、
今はノンストレスで好きなことをして日々すごしています。

どうやって変わったのか、詳しい経緯はこちら!

あわせて読みたい