1.イヤなことを改める

 

好きなことを仕事にして、
理想の人生に切り替える方法を
研究している、アネオトです。

 

 

自分の人生の中で、「イヤだ」と思っていること、
「ストレスだ」と感じている悩みなどを
具体的にたくさん洗い出していきましょう!

 

自分にとってのイヤなことを突き止めることで、
何を避けて通っていきたいのか、
そして本当はどうなりたいのかが見えてきます。

 

「イヤなこと」から「望むこと」を導き出す例

 

例として、過去にアネオトが感じていた
「イヤなこと」の例をずらっと並べてみますので、
同じもの・似たものがないか見てみてください。

 

 

イヤなことリストを書き出し、
どうして嫌なのか、その具体的な根本原因や、
どうなったらラクになるかなどを見つめていきます。

 

 

(リンクがあるものは、クリックすると
ヒント記事が見られます。)

 

 

 

 

 

今の仕事に不満・不安

 

日々の働き方や、業務内容に
「なんか違う」「こういうことがしたいんじゃない」と
思ったことをバ~っと書き出し……

 

 

 

人間関係がイヤだ

 

 

 

「上司やお客さんに苦手な人がいて、できれば選びたい……」

 

「伝言ゲームみたいになってて、仕事の本当の目的がわからない」

 

コミュニケーションが取りづらくて、報告、連絡、相談がやりにくい

 

「電話対応が苦痛、怖い」

 

「まわりの目が気になる、自分ひとりだけでやりたい」

 

「休憩したいけど、他の社員さんいるし」

 

「空気よむのがイヤ」

 

「空気をよんで残業してしまう」

 

「意見が言いにくい、顔色をうかがってしまう」

 

 

ということは? 本当はどうなりたい?
  • 1人で気ままにやりたい
  • ややこしい伝言ゲームではなく、私から直接お客様の喜ぶ提案をしたい
  • 変なお客さんは断っていいようにしたい
  • 電話対応はナシで、全部メールで済ませたい
  • お客さんが勝手に買ってくれる仕組みにしたい

 

 

 

 

自分が拘束されているのがイヤだ

 

 

 

「決まった時間に仕事するのがつらい」

 

「朝起きるのがキツイ」

 

「目覚まし時計に起こされるのがつらい」

 

「毎日の会社通いがきつい」

 

「昼寝したい」

 

「拘束時間が長すぎる」

 

「集中できない日はパーッとどっかいきたいのに、そうもできない」

 

「自分でコントロールできてない、振り回されてる」

 

「やらされてるのに苦痛、指図されたくない」

 

「自分に向いてない業務をやらされてる」

 

「理不尽なことをさせられてる感じ」

 

会社に行く意味がよくわからない、無性にこの毎日が苦しい

 

 

ということは? 本当はどうなりたい?
  • 好きな時間に作業したい
  • 好きな場所で作業したい
  • 自分がやりたい作業を、自分の思い通りにやりたい
  • 自分でスケジュールを決めたい

 

 

 

 

将来が不安だ

 

 

 

「会社の将来が不安」

 

「赤字が続いているけど倒産しないか心配」

 

「会社に依存してるけど大丈夫?」

 

「リストラされたらどうしよう」

 

「給料が安い」

 

「自分が倒れたらどうしよう」

 

「身内が倒れたりして仕事がまわんなくなったらどうしよう」

 

「もっとうまく活躍したい、出世したい、でもどうしたらいいのかわからない」

 

 

ということは? 本当はどうなりたい?
  • 長期的に安定した仕事がしたい
  • お金を心配しなくて良くなりたい
  • 多少休んでも問題なくまわるようにしたい

 

 

 

 

自分に合ってなくて不満だ

 

「責任ある立場に上がりたくない、損するだけだから」

 

「サボるの罪悪感あるし、イヤだけど頑張ったほうがいいのかな」

 

「自分に向いてる業務が他にあるんじゃないか?」

 

「もっと違う仕事がしたいのに」

 

「会社全体の意見に不満、私のアイディアのほうが良いハズなのに」

 

 

ということは? 本当はどうなりたい?
  • ●●の作業は楽しいし他の人にも感謝されるから、この作業中心にやりたい
  • 自分のチカラでお客さんを笑顔にできる作業をしたい
  • 自分の商品やアイディアでお客さんに喜んでもらいたい

 

 

 

 

好きなこと・やりたいことができてない

 

 

 

好きな趣味や、本当にやりたいことを
我慢してしまっているケースです。

 

 

 

 

物理的にできない

 

「時間がない」

 

「お金がない」

 

「生活がカツカツで、毎日節約中。贅沢することが許せない」

 

「平日限定のオトクなサービスを利用したいけど、
平日は仕事だし、有給はとりにくいし、夢のまた夢」

 

 

ということは? 本当はどうなりたい?
  • 休みを増やしたい、連休が欲しい、長期休暇が欲しい
  • 1日の中の自由時間を増やしたい
  • 好きなものを好きなときに買いたい
  • お金を気にせず買いたい

 

 

 

 

精神的にできない

 

「気力がない」

 

「余裕がない」

 

「帰るともうくたびれてるから勉強とかできない」

 

「身の丈を考えてしまい、欲しいものを買うことに罪悪感」

 

「成果を上げないとご褒美がもらえない気がするから、いつも何も得られない」

 

「やりたいことはあるけど、やり方がわからないから、結局何も準備できない」

 

 

ということは? 本当はどうなりたい?
  • 疲れを存分に癒やしたい
  • 疲れにくい余裕のあるスケジュールにしたい
  • お金を使っても罪悪感のないようにしたい
  • 自分を認められるくらい成果を上げたい
  • 成果を上げられなくても自分を認められるようになりたい
  • 具体的な知識を身に着けて、自分で工夫して進められるようになりたい

 

 

 

 

 

自信が持てなくて生きづらい

 

 

 

自分の価値が少ないと常に感じているため、
他人と比較しての劣等感に辛くなったり、
前向きな行動ができなくなったり……

 

 

 

人と比べて辛い

 

「同窓会に行きたくない」

 

「友達のSNSを見て憂鬱」

 

「友達のマウンティングに過剰に反応してしまう」

 

「他人と比べて嫉妬・劣等感にさいなまれる」

 

 

ということは? 本当はどうなりたい?
  • 比べようがないくらい上に行きたい
  • みんなに憧れてもらえるようになりたい
  • 自分スゴイと思えるようになって劣等感を払拭したい

 

 

 

 

自分に自信がない

 

「だんだん歳を重ねていくことに辛い(誕生日がイヤ)」

 

「停滞している感じ・おいてかれてる感じ」

 

「自分は何をしてもダメな気がする、有能感ってなに?」

 

「自分ができる仕事なんてないし、失敗が怖いから、
誰でもできるつまらない仕事をしてる」

 

「他人に胸を張れること、自慢できることがないから、いつも肩身が狭い」

 

 

ということは? 本当はどうなりたい?
  • 常に「自分この歳の割にスゴイ!」と誇りに思えるようになりたい
  • 自分にしかできない何かが欲しい
  • 誰にも負けない特技や成功が欲しい

 

 

 

 

 

どっかで道をまちがえた感

 

 

 

「こんな人生のはずでは……」
「BADエンドのルート分岐に入っちゃったのか?!」
という感覚です。

 

 

「子供のころに戻りたい」

 

「やりなおしたい・軌道修正したい」

 

「いつからか、夢はかなわないと悟った」

 

「もっと早く行動していれば」

 

「別の世界線の自分は夢を叶えているかもしれない」

 

 

ということは? 本当はどうなりたい?
  • この道でよかったと思える方向に進みたい
  • 子供のころ叶えたかった夢を叶えたい
  • これからは後悔しないようになりたい

 

 

 

 

 

何かが虚しい・充実していない

 

「私の人生って、なんなんだろう……」と
無性に寂しくなってしまうパターンです。

 

 

「そもそも趣味がない」

 

「何も夢がない、やりたいことがわからない」

 

「何も楽しみがない」

 

「自分へのごほうびすらわからない」

 

「特技がない」

 

「知識がない、習ってない」

 

「習い事が続かない」

 

 

ということは? 本当はどうなりたい?
  • やりたいことを明確にしたい
  • やりたいことを存分にやっていいようにしたい
  • 毎日なにかを吸収して成長していたい
  • 毎日なにか楽しい変化やワクワクを味わいたい

 

 

 

 

 

「イヤなこと」を認識したうえで次へ進もう!

 

上記の例をヒントにしていただいたり、
他にも、思うままにたくさん書き出してみたりして、

 

  • 現状の何がイヤなのか
  • ということは、本当はどうなりたいのか

 

 

これらを洗い出して、
「理想の人生像(のようなもの)」を考えてみましょう!

 

 

今回洗い出した「イヤなこと」&「本来の理想」をもとに
次の「2.やりたいことを探す」へ進むと、
本当に自分にあっている理想のライフスタイルが
見つけやすくなります。

 

 

 

 

 

「イヤなこと」を書き出す際の便利ツール

 

今回の思考整理のお助けツールとして、
アネオトは「マインドマップ」を使って書き出しました。

 

 

無料のマインドマップ作成ツール – 「XMind

 

こちらのソフトがカンタンに作れて便利です。

 

仕事のイヤなことマインドマップに書き出してみました

 

プライベートなどその他のイヤなことをマインドマップに書き出してみました

 

 

中央の「議題」に対して、
思いつく関連事項をどんどん書いていきます。

 

 

脳は、「結びつき」で物事をとらえたり、
覚えたりするものなので、
関連していることは思いつきやすいです。

 

(「Aと言えばBだよな」、
「BといえばCもあるよな」、といったふうに……)

 

 

なので、マインドマップを使うと
芋づる式にアイディアが出てくれます。

 

 

くだらないことや些細なことから、非常に重要なことまで、
とにかく何でもたくさん書き出してみましょう!

 

 

自分の中に眠っている答えが見えてくるはずです!

\ 攻略チャート /

 

自分にとっての最高のライフスタイルの作り方を
5ステップで解説しています。

 

 

自由化メール講座(無料)はこちら。趣味や好きなことをお金に変えるひでんワザをお届け!特別限定3万円相当のプレゼントつき!今から理想の人生に軌道修正していくやり方すべてお伝えします!

こちらからでも無料講座に登録できます

※icloud、hotmail、携帯メール(au、softbank、docomo)の場合、メール講座が届かない恐れがあります。