ContactForm7でスパム対策を行うカンタンな方法3パターン

お問い合わせフォームのカンタン迷惑メール対策

 

日々の作業やお勉強、お疲れさまです!

元社畜ゲーマー姉弟のアネオトです。

 

 

WordPressのプラグイン「Contact Form 7」で
お問い合わせフォームを使っていると、
英文や中文の迷惑メール(スパム)が
届くようになって困ることがあります。

 

 

そんなときのスパム対策のやり方を解説します!

 

まずは「承諾確認」のチェックボックスをつけよう

 

送信前の確認チェックボックスを置くだけでも、
ある程度のスパムを防ぐことができます。

 

 

このように、「送信」ボタンの直前に
チェックボックスを設置するのです。

 

 

Contact Form 7プラグインを使って作ったお問い合わせフォーム

 

 

チェックを入れない限り、
送信ボタンは押せない仕組みになっています。

 

 

 

これの作り方はカンタンです。

 

Contact Form 7の設定画面、
フォーム内容入力欄にあるメニュー
「承諾確認」ボタンで作成できます。

 

 

下記の図の「1~4」の通りに設定してみてください。

 

 

Contact Form 7の編集画面の、フォームの項目に確認ボタンを追加

 

 

『同意条件』は、チェックボックスの
横に表示されるメッセージのことです。

 

 

『オプション』のチェックを外して、
任意選択から「必須選択」に変更することを忘れずに!

 

これで「チェックをつけないと送信できない」
仕組みにすることができます。

 

 

 

同意条件の文言は、例では

「入力内容をご確認のうえ、チェックを入れてください」

としていますが、ここは自由です。

 

 

 

「この内容でよろしければ、
チェックを入れて送信してください」

 

「確認画面はありませんので、
メッセージ内容をいまいちどご確認いただき、
OKでしたらチェックを入れてください」

 

なんかでもいいと思います!

 

 

 

送信の前に、お客さんに
セルフチェックしていただける文章にしましょう!

 

(誤送信も防げます♪)

 

 

 

 

このように、送信ボタンの直前に
チェックボックスのテンプレートが
入ったことを確認し、保存すれば完了です。

 

 

Contact Form 7の編集画面の、フォームの項目に確認ボタンを追加したあとの画面

 

 

 

このチェックボックスで
無差別自動送信スパムを遮断できて一安心……

 

 

と思いきや、
実はこれをすり抜けるスパムも多いです……!

 

 

 

一旦このチェック作戦で様子をみてみて、
それでもスパムが届いてしまうようなら、
2段階目として次のものを試してみてください。

 

 

 

 

 

2段階目のスパム対策を行うなら

 

2種類の方法がありますので、
お好みのものを試してみてください。

 

 

どちらも、初期設定だけ少し手間ですが、
難しいことは行いません。

 

 

 

 

「私はロボットではありません」の『reCAPTCHA』を使う方法

 

Googleが提供している、
スパムロボットを防ぐためのツール
『reCAPTCHA(リキャプチャ)』を使う方法です。

 

 

見かけたことがあるかもしれませんが、
こんなやつです!

 

 

 

これをお問い合わせフォームのページに設置すると、
AIが人間か機械かを判別してくれます。

 

 

お客さんにとっては、
「私はロボットではありません」に
チェックをつけなきゃいけない、
ちょっとした一手間が増えてしまいますが……

 

 

 

この『reCAPTCHA』は
Googleアカウントで利用できます。

 

 

 

使い方はこちらのページが詳しいです!

 

問い合わせスパムにうんざり。ContactForm7に「私はロボットではありません」と表示させる「reCAPTCHA」の設定方法

 

 

 

 

 

スパム防止プラグイン『Akismet』を使う方法

 

『Akismet(アキスメット)』は
プラグインに判定を自動で行ってもらって
スパムだけを弾くものです。

 

 

お問い合わせフォームの見た目は変わらず、
お客さんの手間を増やすことがありません。

 

 

アネオトもこれを利用しています。

 

 

 

そして使い方はこちらのページがわかりやすいです。

 

コンタクトフォーム7の迷惑メール対策。Akismetでスパム防止!

 

 

 

一度Akismetを使ったことがあるなら、
他のWordPressブログでも、
設定(=APIキー)を使い回すことができます。

 

 

つまり複数ブログを持っている場合、
初期設定の大きな手間は1回きりで、
あとは割とラクに設定を済ますことができるんです。

 

 

 

 

 

ここまでしてContact Form 7を使いたくないなら

 

スパム対策の手間がだるいな~と思ったら、
Contact Form 7ではなく、いっそ
他のフォーム作成ツールを使うのもアリです。

 

 

 

もちろん、Contact Form 7が最も
カスタマイズ性に優れていて高機能ですが、
もっとカンタンなツールの方がいいという場合、
無料のフォーム作成サービスがおすすめです。

 

 

こちらにまとめてありますので、
よかったらチェックしてみてください!

 

 

 

 

 

 

また、今回はスパム対策についての解説でしたが、
ファンが増える最強のお問い合わせフォームの
作り方についてもまとめてありますので、
ご興味あったらこちらもどうぞ!

 

 

 

 

ではでは、最後までお疲れさまでした!

アネオトでした~!!

\ 攻略チャート /

 

自分にとっての最高のライフスタイルの作り方を
5ステップで解説しています。

 

 

自由化メール講座(無料)はこちら。趣味や好きなことをお金に変えるひでんワザをお届け!特別限定3万円相当のプレゼントつき!今から理想の人生に軌道修正していくやり方すべてお伝えします!

こちらからでも無料講座に登録できます

※icloud、hotmail、携帯メール(au、softbank、docomo)の場合、メール講座が届かない恐れがあります。