【初心者向け】ワードプレスにプラグインを入れてみよう!便利な無料プラグインも紹介

【初心者向け】ワードプレスにプラグインを入れてみよう!便利な無料プラグインも紹介

 

日々の作業やお勉強、お疲れさまです!

 

元社畜ゲーマー姉弟のアネオトです。

 

 

このページでは、
WordPressでブログを運営する際に、
インストールしておくと便利でおすすめな
プラグインをご紹介しています。

 

 

紹介しているプラグインはすべて、
無料で使うことができます!

 

 

プラグインのインストール手順

>ワードプレスの管理画面の左メニュー
 >『プラグイン』
  >『新規追加』

 

WordPressでのプラグインのインストール手順

 

 

>プラグイン名で検索

 

WordPressでのプラグインのインストール手順

 

 

>該当するプラグインの「インストール」をクリック

 

WordPressでのプラグインのインストール手順

 

 

>「有効化」ボタンに変わるのでまたクリック

 

WordPressでのプラグインのインストール手順

 

入手したプラグインの設定画面は、
管理画面の左メニューのどこかに現れます。

 

すぐに見つからない場合は「ツール」や「設定」の
メニュー内にあることが多いです。

 

 

 

また、要望を多くいただいたので、
ブログの立ち上げサポート・設定代行サービス icon-external-linkをはじめました!

 

「どうしたらいいか詳しくアネオトと相談したい!」
「私の場合どこをいじればいいのか教えてほしい」などなど、
難しい初期設定のお悩みをお伺いいたします。

 

 

記事編集画面を最適化!

 

Classic Editor(※2020/7月追記)

Classic Editorの説明

 

 

WordPressの編集画面は、2018年末に大きくリニューアルしました。

 

新しい編集画面はこんな感じ↓

 

Classic Editorの説明 

 

 

しかしリニューアル前の編集画面のほうが使いやすいと言われています。

 

昔の編集画面はこんな感じ↓

 

Classic Editorの説明

 

 

その昔の編集画面を使うことができるのが
「Classic Editor」というプラグインです。

 

(人気なので、検索しなくてもトップに出ていると思います)

 

 

【2020年7月14日追記】

 

Classic Editorは、サポート期限が残り短く、
残念ながらいつまでも使うことは難しいようです。

 

このあと紹介する「Advanced Editor Tools」に
Classic Editorの代わりになる機能が
搭載されたので、そちらを使っていきましょう!

 

 

 

Advanced Editor Tools (旧名 TinyMCE Advanced)

Advanced Editor Tools (TinyMCE Advanced)の説明

 

編集画面で使う機能をカスタマイズできます。

 

 

↓の画像の赤枠部分におく機能を自由に追加編集できるので、
フォントサイズの変更やテーブルの挿入などがラクになります。

 

Advanced Editor Tools (TinyMCE Advanced)の説明

 

(人気なので、検索しなくてもトップに出ていると思います)

 

 

また、このAdvanced Editor Toolsでは
Classic Editorプラグインの代わりになる
「旧エディター」機能が使えます。

 

「上級者向け設定」でこちらの通りに
チェックを入れて保存すれば反映されますよ!

 

Advanced Editor Tools (TinyMCE Advanced)の説明

 

 

 

Shortcodes Ultimate

Shortcodes Ultimateの説明

 

記事内にさまざまな仕掛けをカンタンに挿入することができます。

 

 

作れるコードは本当に様々です!

 

このボックスも
Shortcodes Ultimateで作っています。
このように
PCでは2列表示、スマホでは1列表示なんかもできます。

 

 

 

コードについてこちらの公式サイトに詳しく載っております!

WordPress Shortcodes Plugin — Shortcodes Ultimate

 

 

 

 

リンクカード設定のプラグイン

 

サムネイル(アイキャッチ)つきのリンクボタンを簡単に生成できる
プラグインがあると、内部リンクの見栄えがよくなります。

 

種類はいろいろありますが、アネオトはこちらの
Pz-LinkCard」を使っています icon-hand-o-down 

 

Pz-LinkCardの説明

 

 

 icon-arrow-down こんな感じの見た目のカードが出来ます。

 

Pz-LinkCardの説明

 

 

 

目次を挿入するプラグイン

 

記事内に見やすい目次を入れるプラグインもあるといいです!

 

いろいろありますが、アネオトはこちらの
Table of Contents Plus」を使っています。

 

Table of Contents Plusの説明

 

 

 icon-arrow-down このような感じ!

 

目次を挿入するプラグインTable of Contents Plus

 

 

 

 

記事一覧画面を最適化!

 

Simple Post Notes

Simple Post Notesの説明

 

記事ごとにメモを残せるプラグインです。

 

記事一覧画面を最適化するSimple Post Notesの紹介

 

メモは記事一覧画面でも確認することができます。

 

 

 

 

 

ブログ全体を保護・改善!

 

BackWPup

BackWPUpでWordPressの完全自動バックアップをすることができます

 

 

BackWPUpというプラグインでは
WordPressのデータのバックアップをとることができます。

 

 

何かしらの不具合があったときなどに、
元に戻せるので安心です。

 

 

ただ、最近ではサーバー側にもバックアップ機能がついてるので
そちらを使うのも手です。

 

 

設定方法に関しては
こちらのサイトで詳しく解説されてます icon-hand-o-down 

 

BackWPUpで確実にWordPressのバックアップを取る方法 バズ部 icon-external-link

 

 

 

 

Akismet Anti-Spam

Akismet Anti-Spamの説明

 

スパムメッセージなどを防止するプラグインです。

(人気なので、検索しなくてもトップに出ていると思います)

 

 

 

このプラグインはインストールした後の有効化する際に、
アカウントの設定をする必要があります。

 

 

設定画面では基本的に有料コースを推されていますが、
無料コースでも問題なく使うことができます。

 

 

無料コースにしようと思っていたのに、
間違って有料コースを選択してしまった……
ということがないように、手順を説明します。

 

 

Akismet Anti-Spamの説明

一番左の『Name Your Price』(無料版)を選択します。

 

 

Akismet Anti-Spamの説明

 

左にクレジットカード入力の画面が表示されますが、
そこを入力して進んでしまうと
¥4500のコースに申し込んでしまうので注意です。

 

 

右の¥4500を¥0にスライドすることで、
完全に無料で利用することができるようになります。

 

Akismet Anti-Spamの説明

 

¥0にすると、左の表示が変わります。

 

これでボタンを押して設定を完了させましょう。

 

 

進めていくと照合コードの入力画面に移ります。

 

登録したメールアドレスに「Akismet Anti-Spam」から
照合用のコードが送られてくるので、そちらを入力。

 

 

次にAPIキーがメールで送られてくるので、
そちらを「設定」の「Akismet Anti-Spamタブ」から
APIキー入力箇所に入力すれば完了です。(※2021年1月現在)

 

Akismet Anti-Spamの説明

 

 

 

 

All In One SEO Pack

All In One SEO Packの説明

 

SEO向上のためのもろもろの設定ができます。

(人気なので、検索しなくてもトップに出ていると思います)

 

導入すると編集画面のサイドバーに
『All In One SEO』の項目ができます icon-hand-o-down 

 

All In One SEO Packの説明

 

 

そこの『一般設定』から、Google Analyticsや
ウェブマスターツール(Google Search Console)の
コードの設定をまとめて行うことができます。

 

 

他にもブログの【※サイトマップ】の設定や、

(※ブログページの一覧のことで、
作成し、Googleに送信しておくことで
検索結果に表示されるようになります)

 

投稿記事のディスクリプションを設定できたり、

 

他にもTwitterといったSNSでの投稿時の画像をカスタムできたりと、
便利でおすすめのプラグインです!

 

 

 

 

All In One SEO Packを使ってSearch Consoleで検索結果に掲載してもらう

 

Google Search Console
(グーグルサーチコンソール)(通称サチコ)とは、
Googleの無料サービスのひとつです。

 

 

サチコに自分のブログを登録すると、
「自分のサイトがGoogle検索結果上でどうなっているか」
のデータを解析することができます。

 

 

 

新しく作ったブログ記事というのは、
Googleに認識されてから検索結果に出るまでに
何日か時間がかかります。

 

それを急いで認識してもらうための機能が
サチコについているので、活用しましょう!
(後ほどくわしく説明しますね)

 

 

また、サチコの管理画面では
このようなデータが確認できます icon-arrow-down 

 

  • 検索結果からのクリック数
  • どんなキーワードで検索されたのか
  • 検索結果での掲載順位やクリック率 

 

などなど……

 

 

「どの記事がよく検索されてるんだろう?」

「この記事は見つかりにくいみたいだな、タイトルを変更しようかな」

 

というアクセスアップのヒントを得ることができます!

 

 

サチコへの登録方法も見ていきましょう!

 

 

 

 

Search Consoleの登録手順

 

(画像つきで解説しますが、
リニューアルされているなどで
実際の画面と異なっていてわかりにくいようでしたら、
最新の情報を検索してみてください)

 

GoogleにログインしてSearch Consoleにアクセスします。

 

All In One SEO PackでのSearch Consoleの設定の仕方

 

ここでは最初に2つのタイプ、
『ドメインプロパティ』、
『URL プレフィックス プロパティ』のどちらかを選びます。

 

 

『ドメインプロパティ』というのは、
既に独自ドメインを持っていて、
そのドメインを元にした“サブサイト”を
複数持っている場合に便利な登録方法です。

 

(【サブサイト】とは
「aiueo.com」のサイトの他に、

「aiueo.com/waon/」というサブディレクトリで作っているサイトがある、
「waon.aiueo.com」というサブドメインで作っているサイトがある、などです)

 

 

基本的には「URL プレフィックス プロパティ」の方で登録すればOK!

 

 

今回は「URLプレフィックスプロパティ」で説明していきます。

 

All In One SEO PackでのSearch Consoleの設定の仕方

 

登録させたいブログのURLを入力します。
『続行』で次の画面が表示されます。

 

All In One SEO PackでのSearch Consoleの設定の仕方

 

この画面では先ほど入力したサイト(ブログ)の所有権が
あなたであることを認証させます。

 

 

「その他の確認方法」を見てみると、
認証のやり方はいくつか紹介されていますが、

 

その中でも『HTMLタグ』でのやり方がラクチンなので、
今回はその手順で説明しますね!

 

All In One SEO PackでのSearch Consoleの設定の仕方

 

『HTMLタグ』を選択すると、
次の画面が表示されますので、
そこに表示されたコード(metaタグ)をコピーします。

 

 

コード内の「content=”●●●●●”」 の●●●●にあたる
英数字のみをコピーしてください。

 

(ちょうど隠してある部分ですね)

 

All In One SEO PackでのSearch Consoleの設定の仕方

 

metaタグをコピーしたらブログに埋め込みます。

 

 

管理画面に移動し、プラグインから
『All in One SEO Pack』をインストールします。
(「新規追加」から検索フォームで
「All in One SEO Pack」と入力すると表示されます)

 

All In One SEO PackでのSearch Consoleの設定の仕方

 

(All in One SEO Packはほかにも便利な機能がたくさんあり、
今後もよくお世話になるプラグインです。)

 

 

インストールが終わると管理画面の左メニューに
All in One SEO Packの項目が表示されるので、
『一般設定』を選択します。

 

All In One SEO PackでのSearch Consoleの設定の仕方

 

 

その中に『Googleウェブマスターツール』という欄があるので、
ここに先ほどのmetaタグをペーストしましょう!

 

All In One SEO PackでのSearch Consoleの設定の仕方

 

最後にページ下の『設定を更新』ボタンをクリックで完了!

 

 

 

これでサチコに結びつけることができました。

 

 

 

 

“サイトマップ”の作成方法でも
プラグイン『All in One SEO Pack』を使うことができます。

 

 

 

WordPress管理画面の左サイドバーの
『All in One SEO Pack』の欄から『機能管理』を選択します。

 

All In One SEO Packでのサイトマップの送信の仕方

 

 

『XMLサイトマップ』のActivateをクリックで有効にしてください。

 

All In One SEO Packでのサイトマップの送信の仕方

 

 

Activateすると、サイドバーに『XMLサイトマップ』が追加されますので、
ここから詳しい設定をしていきます。

 

All In One SEO Packでのサイトマップの送信の仕方

 

 

中を見てみるといくつもチェック項目がありますが、
画像のようにチェックをいれておけば問題ないです。

 

All In One SEO Packでのサイトマップの送信の仕方

 

 

その下に……

 

『追加ページ(WordPress の管理下にないサイトマップ)}
『除外項目(サイトマップに登録させたくないページやカテゴリー)』
『優先順位(サイトマップ内の優先順位)』
『頻度(サイトマップの更新頻度)』

 

という設定項目欄がありますが、
ここは特にさわる必要がないのでスルーで大丈夫です。

 

 

最後に『サイトマップを更新』で
サイトマップの作成完了です!

 

 

次にSearch Consoleへサイトマップを送信しましょう!

 

 

Search Console左サイドバーにある『サイトマップ』を選択。

 

All In One SEO Packでのサイトマップの送信の仕方

 

 

『新しいサイトマップの追加』の画面が表示されるので、
そこに「sitemap.xml」と入力して送信すれば完了です。

 

All In One SEO Packでのサイトマップの送信の仕方

 

(※WordPressとはてなブログでは「sitemap.xml」でOKですが、
ブログサービスによっては違う入力方法になる場合があります。)

 

 

サイトマップ送信により、ブログがGoogleに
「クロール」(巡回)されやすくなり、
検索結果に表示されるようになりました!

 

 

 

 

便利ツールを追加!

 

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizerで画像のサイズを軽量化することができます

 

記事に貼る画像ファイルを自動で軽量化させることができるのが、
こちらのEWWW Image Optimizerです。

 

 

画像が重いままだと、記事の読み込みが重く、
ユーザーに離脱されてしまう可能性がありますので、
画像を多く載せる場合は
こちらのプラグインを入れておきましょう!

 

 

 

 

Contact Form 7

Contact Form 7の説明

 

 

お問合せフォームを生成するプラグインです。

 

(人気なので、検索しなくてもトップに出ていると思います)

 

 

使用の際はスパムメール防止のため、
Akismet Anti-Spam」と連動させるのがおすすめです。

 

 

 

 

WP Social Bookmarking Light

WP Social Bookmarking Lightの説明

 

記事の上部や下部に、ツイートボタンやいいねボタンといった
ソーシャルボタンをカスタマイズして設置できます。

 

 

 

 

お疲れさまです!

 

インストールした後は『有効化』を忘れずに!

\ 大好評!3万円相当の3冊が… /

あわせて読みたい